2018年 7月 23日 (月)

軽自動車税の増税は「弱いものいじめ」スズキ会長

印刷

   自動車取得税の廃止に伴う代替財源として軽自動車税を増税するとの議論が浮上していることについて、スズキの鈴木修会長は「弱いものいじめと感じる」と話した。2013年8月29日、東京都内で開いた新車発表会で記者の質問に答えた。

   軽自動車の購入者には年収1500万円以上の人はほとんどおらず、比較的、所得の少ない人が生活したり商売したりするために買っていると指摘。「(軽の増税議論に)残念というより、悲しいという表現があっている」と語った。

   消費税の増税については、日本経済全体を考えれば、「やむを得ない」との考えを示した。

   軽自動車の排気量は660ccまで。車体の大きさに制限がある一方で税負担は軽く、自家用の場合、税金は1台あたり年7200円になる。排気量1000cc以下の登録車は、年2万9500円の自動車税がかかる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中