2018年 7月 20日 (金)

任天堂元社長・山内溥さん死去 世界的ゲームメーカー築く

印刷

   任天堂元社長の山内溥さんが、2013年9月19日亡くなった。85歳。

   1949年、22歳で家業を継ぎ、当時花札やトランプを主に手がけていた任天堂の社長となる。以後50年あまりにわたり、トップとしてその豪腕をふるった。さまざまな事業への挑戦を経て、1983年に発売したファミリーコンピュータ(ファミコン)が大ヒット、「ニンテンドー」がテレビゲームの代名詞となるなど、今日に続く世界的ゲームメーカーとして育て上げた。1992年には大リーグ・シアトルマリナーズを買収、史上初の非白人オーナーとなっている。2002年に社長を勇退。

   通夜は21日午後6時から、葬儀は22日午後1時から、京都市の任天堂本社で行われる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中