2019年 8月 25日 (日)

渡邉美樹氏「25歳・・・就職して3年で人生に大差」 ネットでは意外にも「正論」と賛同意見も

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   ワタミグループ創業者の渡邉美樹氏が理事長を務める、学校法人郁文館夢学園(東京・文京区)のサイトに掲載された渡邉氏のメッセージが話題になっている。就職してから最初の3年間で、人生で取り返しがつかないほどの大きな差が生じるという発言だ。渡邊氏といえば、「ブラック企業」などと批判されることもあるが、この発言について賛同する声もでている。

人生のスタートラインに立てるかどうかの分岐点

郁文館夢学園サイトの「理事長の想い」
郁文館夢学園サイトの「理事長の想い」

   郁文館は1889年に創設され、夏目漱石の小説『吾輩は猫である』に登場する「落雲館」のモデルにもなった学校で、少子化などで経営不振に陥っていたが、2003年に渡邊氏が理事長に就任して再建に乗り出した。学校法人名を郁文館学園から郁文館夢学園に変えたほか、「私たちの学校経営は先生が生徒のために死ねる経営です。その経営についてこられない人はどうぞ辞めてください」と宣言し、教職員に能力給制度を導入するなどの改革を行ってきた。

   2013年9月23日ごろから話題になっているのが、郁文館夢学園のサイトに載った「理事長の想い」というページだ。同校がスローガンとして掲げる「25歳 人生の主人公として輝いている人材を育てます。」に込めた思いを、渡邊氏が説明している。

   「年齢で言うと『25歳』。就職してからの3年間で、その人の人生に取り返しのつかぬほどの大きな差」が生まれ、「夢の実現に向けて、羽ばたくことが許されるのがこの25歳」であり、「人生のスタートラインに立てるかどうかの分岐点」になるとして、郁文館では生徒をこのスタートラインに立たせるのが目標という。

   毎年1万人以上の大学生と関わるなかで、「ワクワクしながら社会人になろうとする者」の少なさに驚き、苦労して入った会社を3年経たずに3割の人が辞めてしまうのを見て、日本の教育に危機感を抱いてきたそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中