2019年 10月 17日 (木)

国会議事堂に吉野家がオープン 1200円特別メニュー「牛重」が「完売御礼」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大手牛丼チェーンの吉野家が2013年10月11日、初めて国会内に出店した。中でも注目は、1200円もする特別メニューの、「牛丼」ならぬ「牛重」(ぎゅうじゅう)だ。

   国会閉会中で閑散としているにもかかわらず、特別メニューはかなりの人気。開店から4時間もたたないうちに「完売御礼」となった。

カウンター席14席で「小ぶり」な店舗

国会内の店舗だけで販売が始まった「牛重」(吉野家提供)。お新香とみそ汁がついて1200円だ
国会内の店舗だけで販売が始まった「牛重」(吉野家提供)。お新香とみそ汁がついて1200円だ

   出店したのは、衆院本館の裏庭に面したエリアで、蕎麦屋、土産物屋、名刺屋、花屋などが並ぶ一角だ。吉野家が出店した場所は、夏まではカレーなどを出す軽食店が入居していた。店舗面積は22.3坪で、カウンター席14席を備える。吉野家の店舗としては、かなり「小ぶり」な方だ。

   隣接する議員会館ではセブン‐イレブン・ジャパンやタリーズコーヒージャパンが営業しているが、国会議事堂の敷地内に大手外食チェーンが店舗を構えるのは初めて。衆院では5年ごとに店舗を公募しており、13年3月に吉野家を含む2社が応募。6月に吉野家の出店が決まり、10月15日に招集される秋の臨時国会を前にオープンした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中