やなせたかしさん死去 「アンパンマン」生みの親

印刷

   「アンパンマン」シリーズで知られる漫画家のやなせたかし(本名:柳瀬嵩=読み同じ=)さんが2013年10月13日、心不全のため都内の病院で死去した。94歳だった。

   やなせさんは高知県出身で、高知新聞記者、三越宣伝部のグラフィックデザイナーを経て、1953年に漫画家デビューした。75年に出版した絵本「それいけ!アンパンマン」が大ヒットし、テレビアニメ、映画、漫画、ゲームソフト、おもちゃなど多くの派生作品、商品を生んだ。

   作詞家としても活躍し、61年に発表した「手のひらを太陽に」(作曲:故・いずみたくさん)がNHK「みんなのうた」で流れるなど国民的に知られる歌となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中