2020年 2月 23日 (日)

自分で要請して、今度は「特別扱いいかがなものか」 吉野家「特別牛重」巡る議員たちの「いいかげん」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   国会内に開店したばかりの吉野家に登場した特別メニューに「もの言い」がついた。

   「特別メニューが国会内でしか食べられないのはおかしい」といった声だが、そもそもこのメニューは、国会側の求めに応じて開発されたもの。

   議員経験者からは「選択の自由」「もっと違うことに気合を入れましょう」といった冷ややかな声も出ている。

地元有権者から「連れて行ってほしい」「国会限定メニューはおかしい」の声

特別メニュー「牛重」は連日「完売御礼」だ
特別メニュー「牛重」は連日「完売御礼」だ

   店舗は2013年10月11日に開店。この店でしか食べられない「牛重」が目玉で、国産和牛の肩ロース肉110グラムをすき焼きの様に焼いてご飯の上に乗せているのが特徴だ。お新香とみそ汁付きで1200円。米国産牛肉を使用した牛丼(280円)の4倍以上だ。この店舗に行くためには通行証が必要で、国会議員や国会職員、報道関係者などの利用を想定している。一般の見学者は見学ルートから外れているため行くことはできない。

   この「牛重」をめぐり、国会内で異論が出た。10月15日の衆院議院運営委員会理事会後、平沢勝栄理事が「地元の有権者から『連れて行ってほしい』と要望を受けた」「『国会だけで食べられるメニューがあるのはおかしい』という指摘があった」などと明かすと、他会派も同調。経緯を調べることになった。平沢氏は報道陣に対しても、

「国会だけが、なんか特別扱いされているような印象を国民の皆様に与えているのではないか」
「ぜひこのメニューを(他の店でも)出してもらいたい。それはあくまでも吉野家さんのご判断でやってもらいたい。国会がそういうことについて言うことではないんですよ、これは」

と話した。

国会内の吉野家だけで食べられる1200円の「牛重」、どう思う?
国会関係者しか食べられないのはずるい。許せない
おいしそう。国会以外でも食べられるようにしてほしい
1200円は高すぎる。自分は食べない。280円の牛丼で十分。
こんなことで騒ぐのはおかしい。どうでもいい
そのほか
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中