2018年 7月 20日 (金)

サービス残業は「真実」 ユニクロの名誉毀損認めず、東京地裁

印刷

   カジュアル衣料品店「ユニクロ」の店長がサービス残業を証言した本『ユニクロ帝国の光と影』(2011年3月に出版)などの内容が事実に反し、名誉棄損にあたるとして、同社と親会社のファーストリテイリングが発行元の文芸春秋を相手に、出版差し止めと2億2000万円の損害賠償を求めた裁判で、東京地方裁判所は2013年10月18日、ユニクロ側の訴えを退けた。

   判決によると、本には現役店長らの話として、ユニクロでは店長がタイムカードを押していったん退社したように装い、その後サービス残業をしていると記載。労働時間は月300時間を超え、会社側も黙認していると指摘した。

   土田昭彦裁判長は、「取材に応じた現役店長の話は具体的で、信用性は高い」と判断。「重要部分は真実と認められる」とした。

   ファーストリテイリングは18日、ユニクロとの連名でコメントを発表。「判決内容は、当社の主張が認められない、事実に反するものであり、誠に遺憾です。今後の対応は慎重に検討し、決定します」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中