2020年 1月 18日 (土)

社長も知事もホリエモンも皆踊る AKB「恋チュン」は「就活」対策?

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   県知事から有名企業のトップ、著名人までもが次々と、AKB48になりきって踊っている。誰も彼も結構いい年のはずだが、やけにキラキラして楽しそうだ。

   話題となっているのは、「恋するフォーチュンクッキー(恋チュン)」。2013年10月21日までに、YouTubeで公開された「踊ってみた」動画はすでに20バージョンに及ぶ。いったい何が彼らをAKBダンスに駆り立てるのか。

知事さん、ノリノリすぎませんか

キレのいいダンスを披露する神奈川県の黒岩知事(YouTubeより)
キレのいいダンスを披露する神奈川県の黒岩知事(YouTubeより)
職員「知事、『恋するフォーチュンクッキー』の神奈川県バージョンを作らないか、という話が来ています」
知事「AKB? ここは神奈川県庁だぞ? ダメだっ……すぐやろう!」

   本人出演の寸劇から始まるのは、18日にYouTubeで公開されたばかりの「恋するフォーチュンクッキー 神奈川県Ver.」だ。カメラは神奈川県庁を振り出しに、横浜、鎌倉、茅ヶ崎、箱根――といった具合に県内の町を次々に映し出す。そこでは、県の職員や各地のご当地キャラたちが、AKBの楽曲に合わせて、あるいははにかみながら、あるいはノリノリで、短いダンスを披露する。

   神奈川県によれば、「神奈川の魅力を満載に」という黒岩祐治知事直々の指示の元、ロケは約70か所、5日をかけて完成させたという。黒岩知事も複数回登場、そのステップはなかなかキレがいい。

   一連の動画の雛形となったのは、AKB48公式チャンネルが7月19日に公開した「STAFF Ver.」だ。AKBメンバーたちの代わりに、「裏方」スタッフが入れ替わり立ち代わり出演するもので、「さまざまな部署で働く職員たちが次々に登場し、各人の職場などをバックにダンスする」といういかにも「企業紹介」にぴったりのフォーマット、また比較的簡単な振り付けもあって、じわじわと人気が上昇し始めた。

   サマンサタバサ、サイバーエージェントなどの企業に加え、自治体では佐賀県庁が140万回を超える再生数を記録し大きな話題に。評論家の宇野常寛さんらによる「PLANET Ver.」では、堀潤さんや濱野智史さん、岩崎夏海さん、さらには堀江貴文さんといった著名人まで「恋チュン」ダンスを踊る。AKB側が「公認」したもののみならず、ファンや少人数のグループによる「非公認」動画も少なくない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中