徳洲会公選法違反事件、親族とグループ幹部逮捕

印刷

   徳洲会グループの公職選挙法違反事件で、東京地検特捜部と警視庁は2013年11月12日、グループ創業者の徳田虎雄・元衆院議員(75)の長女、越沢徳美容疑者(50)と次女、スターン美千代容疑者(46)、グループ幹部職員4人を公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕した。同時午前から、特捜部は東京都千代田区のグループ東京本部の捜索を始めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中