2018年 7月 22日 (日)

アントニオ猪木氏への懲罰動議可決 参院本会議では61年ぶり

印刷

   参議院は2013年11月13日の本会議で、議院運営委員会の許可を得ずに北朝鮮を訪問した日本維新の会のアントニオ猪木参議院議員(69)に対し、与野党5党が提出した懲罰動議を賛成多数で可決した。近く懲罰委員会で処分が検討される。参議院本会議で懲罰動議が可決されたのは、1952年以来61年ぶりとなる。

   猪木議員は記者団に対し「針のむしろを歩いているような感じがするが、これからの懲罰を真摯に受け止めたい」と語った。

   同日の本会議では、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡した山本太郎参議院議員に対して、山崎正昭参議院議長が厳重注意と皇室行事への参加を認めない処分を言い渡したことも報告された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中