2019年 2月 20日 (水)

「文句たれるユーザーは全員殺して回りたい」と発言 「ニコニコ静画」ユーザーから猛批判、「炎上」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   画像・イラスト投稿サービス「ニコニコ静画」の大幅なリニューアルに伴い、使いにくい、見づらい、前のバージョンに戻せ、といった批判が殺到した。

   そうした中、運営会社ドワンゴの関係者と思われる人物がツイッターで、UI(ユーザーインターフェイス)を変更したことにケチを付けるユーザーを「全員殺して回りたい」などと発言した。このため、「客をバカにするな!」「殺害予告として通報しろ!」などと物議をかもし、ツイッターが「炎上」した。

「サービス側の決定に対する文句は絶対に許されない」

リニューアルされた「ニコニコ静画」
リニューアルされた「ニコニコ静画」

   「ニコニコ静画」は、動画投稿サイト「ニコニコ動画」の画像・イラスト版として約4年前に誕生。2013年11月14日にはスマートフォン向けページのオープンと、TOPページ、イラスト表示ページなどのデザインを一新する大幅なリニューアルが実施された。しかし、これがユーザーたちから使いづらい、見づらいといった酷評の嵐となり、16日頃から以前のバージョンに一部が戻されるといった事態になった。

   すると16日、プロフィール欄に「ドワンゴ/ニコ書の中の人」と書いている人物が、今回のリニューアルは凄く良く出来ていて「便利でクールなUI」だったのに、今まさに目の前で以前のバージョンに戻されている、などとつぶやいたあと、

「ほんとUIの変更を妨げる層は害悪だわ 全員殺して回りたい」
「クソを全員殺して回れ」

と書き込んだ。フォロアーから運営側がそういう態度だとユーザーが離れてしまう、と注意されると、基本的にサービス側の決定に文句たれるのは絶対に許されず、Webサービスとは本来そうあるべきで、

「ユーザーは停滞させることの罪を知ってほしい」

などと、リニューアルを批判し前バージョンに戻せと訴えたユーザーに釘を刺した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中