2020年 10月 20日 (火)

韓国国会は「議論」より「乱闘」が大好き! せっかくキルギス大統領「民主主義学びに」来たのに…

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。

   「あいつが殴った!」「嘘をつけ!」「いいや殴った!」「なんだと!」――酔っ払い同士の喧嘩ではない。「民主主義国家」「先進国」を自認する韓国の国会で、しかも海外元首の議会訪問のさなかに繰り広げられた光景だ。

「韓国は、自由と民主主義の模範です」
「公正な選挙のため、韓国の投票管理システムを学びたい」

   2013年11月19日、韓国を訪問した中央アジア・キルギス共和国のアルマズベク・アタンバエフ大統領は、出迎えた朴槿恵大統領に笑顔でこう語っていた。

国会議員と警備員が取っ組み合いで乱闘

騒動を報じた韓国メディア(ニューシースより)
騒動を報じた韓国メディア(ニューシースより)

   キルギスは1991年にソ連から独立して以来、2005年の「チューリップ革命」など複数回の政治的混乱に見舞われている。「先進国」から、円滑な民主政治の在り方を学びたい――というのは、必ずしも単なるお世辞ではなかっただろう。

   しかし、アタンバエフ大統領が目撃した民主主義の姿は、あまりにも「残念」なものだった。

   なにしろ、韓国の政界は今荒れに荒れている。2012年の大統領選に絡む「選挙介入疑惑」などで与野党の対立は激化、第1野党の民主党が国会審議を「ボイコット」すれば、与党・セヌリ党も北朝鮮に近い左派政党・統合進歩党の「解散」という前代未聞の措置に出るなど、その強権性を強める。おかげでもう11月も後半だというのに、来年度予算すら成立しない有様だ。

   18日には朴槿恵大統領が自ら議会に乗り込んだが、今度は民主党の姜琪正議員が大統領側の警護担当者と乱闘騒ぎを起こした。セヌリ党側は姜議員を非難し、民主党もボイコットで対抗する。

   アタンバエフ大統領が「民主主義を学びに」やってきたのは、そんなさなかだ。

   この日、国会は午前中から前日の乱闘をめぐり激しい応酬が続き、与野党議員は互いに「姜議員の側が先に手を出した」「でたらめを言うな」などと顔を真っ赤にしてやりあった。そして午後にはとうとう、民主党議員たちが文字通り席を蹴って議場を去ってしまう。

   直後、アタンバエフ大統領が国会に到着したが、こんな状況では議事を進めようもない。大統領は人もまばらな議場を眺めること10分あまり、空しく帰るほかなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中