2019年 11月 13日 (水)

「泡姫ちゃん」がゆるキャラ?ネットで話題騒然 地元粟島では「ほぼ認知されていない」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   新潟県北部にある小さな島「粟島」の非公式ゆるキャラが、インターネット上で突如脚光を浴びている。

   名前は「泡姫ちゃん」。泡にまみれた裸体でほほ笑み、風俗店でお目にかかる「スケベ椅子」のようなものも描かれている。ソープ嬢を連想するような衝撃的な名前とビジュアルから「これはアカンww」と話題になっているが、公式サイトもなく謎に包まれている。

生みの親「コンセプトは打倒まりもっこり」

ネットで注目の「泡姫ちゃん」(Tシャツプリント/松本さん提供)
ネットで注目の「泡姫ちゃん」(Tシャツプリント/松本さん提供)

   個人のツイートをきっかけに、2013年11月19日ごろからネット上で注目を集めている「泡姫ちゃん」。粟島の公式キャラではなく、島の温泉「おと姫の湯」のオリジナルのゆるキャラという位置付けで、07年に誕生した。以前は缶バッヂもあったようだが、現在は温泉で販売されているTシャツ(3種)があるのみで、公式サイトや着ぐるみなども作られていない。

   温泉のキャラクターとはいえ、「大事なところ」を泡で隠した全裸姿はゆるキャラとはしては異色だ。描かれている椅子もよく見ると中心部がくぼんだ「スケベ椅子」のようであり、ネット上では「これはダメだろww」「椅子からしてあからさま過ぎるわw」「県公認キャラじゃないんでしょ?…だよね?…ね?」とさまざまな声があがっている。

   一体どうやって生まれたのか。生みの親である映像制作集団「シネマ健康会」の代表・松本卓也さんはJ-CASTニュースの取材に対し、「07年当時、粟島を盛り上げる一心で、都内で粟島映画上映会を行い、その販促グッズとして作りました。打倒まりもっこり、というコンセプトを立てた事だけは、ハッキリ覚えております」と制作の経緯を語った。松本さんは東京出身だが、撮影で訪れた粟島に惚れ込み、以来、毎年1回は訪れているという。

   デザインへのこだわりについて聞いてみると「誰からも愛される可愛らしいデザイン、そして良く見るととがった感じ。あれ?普通じゃないぞ、と覚えて頂けるようデザインしました」と答えたのち、「邪道ですみません」と一言。

   粟島は、村上市からフェリーで1時間半ほど。面積約10平方キロ、人口3百数十人という小さな島だ。釣り人や海水浴客が訪れる。郷土料理の「わっぱ煮」(ワッパの器に焼いた魚と味噌を入れ、お湯を注ぎ、さらにそこに焼けて真っ赤になった石を放り込みブクブクさせる)は、新潟名物の1つだ。

   そんな粟島を愛する松本さんは、「島の風土、食べ物…魅力は沢山ありますが、何より惹かれるのはそこに住む島民の方々です。馬鹿な事を企画しても快く?受け入れてくれる度量の大きな島というところです」と素朴な島の魅力を語ってくれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中