2019年 1月 18日 (金)

猪瀬都知事5000万円は罪になるのか 専門家「借用書あるかがカギ」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   猪瀬直樹東京都知事が徳洲会から5000万円を受け取ったことについて、専門家は、「借用書」があるかがカギになるとの見方をしている。それによって、罪に問われることのあるなしを含め、違法性が違ってくるというのだ。

   「えー、あのー」。理詰めの語り口で知られる猪瀬直樹知事が、5000万円について記者団からただされると、途端に歯切れが悪くなる。会見では、主張が二転三転して、だれかに言わされている印象すら与えた。

「借用書ないと、選挙資金と疑われる」

借用書は公開できるのか(13年5月撮影)
借用書は公開できるのか(13年5月撮影)

   報じられる徳洲会側の発言とも、真っ向から食い違ってきている。

   5000万円について、徳洲会側は、猪瀬知事から当初は1億円以上もの要請があったと証言したというが、知事本人は「100%ありません」と要請を全面否定した。選挙資金だったという証言についても否定し、個人の借入金だと主張している。

   さらに、徳洲会側が借用書は見たことがないとしたことに対しても、猪瀬知事は、借用書は書いたと反論していた。

   お金のやり取りに仲介者がいたことも食い違いの原因になっているようだが、専門家は、借用書があるかが今回の問題のポイントと見ているようだ。

   2013年11月25日放送のTBS系「朝ズバッ!」に出演した慶大法学部の小林良彰教授は、その理由についてこう述べた。

「個人のものなんだというならば、やはりそれを証明するものが必要になります。そのうちの1つは、最低限借用書が出てこないとまずいです」

   つまり、借用書がないと、お金を受け取ったのが知事選直前だけに、選挙資金ではないかと疑われても仕方がないということだ。

   公職選挙法違反(虚偽記載など)に問われる可能性があるほか、知事が病院や福祉施設の許認可権などを持つことから、贈収賄の疑いも出てくるようだ。また、小林教授は、借用書が出てきても、無利子・無担保で年率3~4%として、10か月で100万円以上にもなりうる利益が贈与とみなされる可能性も指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中