2019年 6月 25日 (火)

ゆるキャラグランプリ「正しいと思えへん!」 「ちっちゃいおっさん」実行委員会に怒る

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「ゆるキャラ日本一」を競う「ゆるキャラグランプリ」。過去に1位に輝いた「ひこにゃん」や「くまモン」は、今や全国区の人気を誇る。

   4回目となる2013年も盛況のうちに幕を閉じたが、終了後に兵庫県尼崎市の非公式キャラクター「ちっちゃいおっさん」がツイッターで怒りをぶちまけた。運営の不備を指摘して「もう出えへん」と次回以降の不参加を明言したのだ。

露出が多かったのに21位から49位に後退

来年のグランプリでは見られないのか
来年のグランプリでは見られないのか

   ちっちゃいおっさんは、ツルっとした頭にほんのり赤ら顔、ランニングシャツにジャージのズボンを身につけ、下駄ばきの格好をしたキャラクターで、軽快なトークが特徴だ。2013年11月23、24日に埼玉県羽生市で開かれた「ゆるキャラさみっと」に登場すると、壇上から観客に向かって「只今ご紹介にあずかりましたトム・クルーズです」と冗談を飛ばし、突然なぞかけを披露して会場をわかせた。得意の話術で、芸人顔負けの面白さをアピールする。

   「さみっと」では2日間続けて司会進行役を任され、ブログやフェイスブックのページには多くの写真とともに「最高におもろくて幸せな2日間やったで」「感謝感激アメあられやったわ」と喜びのコメントを残している。ところが、ツイッターの発言内容は様子がガラリと変わる。「さみっと」で発表されたグランプリの投票結果について、こうつぶやいたのだ。

「みんな発言しづらいやろからワシがあえてちっちゃい事言わしてもらう。正しいと思えへん!」

   不満爆発だ。順位をみると49位で、2012年の21位から大きく後退している。続けて「エントリーしても掲載してくれへんかったし」とぼやき、「今の体制じゃ応援してくれるファンさんや協賛さんもかわいそうやしワシはもう出えへん」と言い切った。その後フォロワーからは「どう考えてもおっさん1位」「某女性誌によると、おっさんはダークホース、つまりとんでもなく上位狙える位置にいた筈」などと励まされると、「その時点で実行委員会のいい加減さがわかるよね」と応じた。運営側への不信が相当募っているようにみえる。

   J-CASTニュースは、ちっちゃいおっさんにコンタクトを試みた。電話口で「なんで去年より順位が下がったのか分からんわ、ガハハ」と笑うが、心なしか悲しそうだ。ファンや協賛してくれた人たちを落胆させたくないと、何度も繰り返した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中