2019年 7月 23日 (火)

替え歌「ひみつの安倍ちゃん」ネットで出回る? 東京新聞記事に「聞いたことがない!」の声

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
「それは ひみつ ひみつ ひみつ ひみつの安倍ちゃん」

   こんな替え歌がネットで出回っているそうだ――という新聞記事が、ネットで話題になっている。特定秘密保護法にネットでも反対論が強まっている、という趣旨で掲載されたのだが、当のネットユーザーから「聞いたことがない!」とまぜっかえされてしまった。

「がーんとゴリ押し それはなあに…」

議員会館前。法案反対活動の拠点となったが、9日には人影はなく、ただ参加者の忘れ物と思しき防寒着が残るのみだった
議員会館前。法案反対活動の拠点となったが、9日には人影はなく、ただ参加者の忘れ物と思しき防寒着が残るのみだった

   この替え歌は、往年の人気アニメ「ひみつのアッコちゃん」の主題歌を、特定秘密保護法と安倍晋三首相に引っ掛けてパロディー化したものだ。原曲は井上ひさしさん、山元護久さん(ともに故人)の手になる愛らしい歌詞だが、この「安倍ちゃん」版は、

「野党を抱き込み 高飛車で がーんとゴリ押し それはなあに
それは ゾンビ ゾンビが復活 ツンツツン
死んでなかった 戦前に後戻り ツンツツン
それはなあに それは ひみつ ひみつ ひみつ ひみつの安倍ちゃん」

と直截的な政権批判となっている。

   東京新聞では東京・杉並区を中心とした反対運動を紹介した記事の中で、この替え歌を「インターネット上に出回っている」と取り上げた。法案反対の姿勢を明確に打ち出す東京新聞だけあって好意的な紹介で、素直に読めば、「そうか、ネット上でもみんな法案に反対しているのか」と受け取ってしまいそうな内容だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中