2020年 8月 4日 (火)

島根県庁の時計250台、午前1時35分に一斉停止 原因分からず「ポルターガイスト現象では」とネット騒然

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   島根県松江市の島根県庁の時計が午前1時35分を指したまま約250台が一斉に停止した。12月16日のことで、島根県庁は原因が分からないとして時計メーカーに調査を依頼しているというが、新聞の地方版では、通常では説明のつかないオカルト的な現象、「ポルターガイスト現象」ではないかと騒ぎになったなどと報じられている。

   オカルトじみた現象にネットでは、「地震など天災の予兆ではないか?」「竹島問題を巡る韓国工作員のテロなのでは?」などと盛り上がっている。

「なぜ止まったのかは分かっていません」

ポルターガイスト?(写真はイメージ)
ポルターガイスト?(写真はイメージ)

   島根県庁の管財課によると、時計が止まったのは2013年12月16日午前1時35分ごろ。本庁舎、分庁舎、南庁舎、議事堂別館の4棟の時計約250台で、気が付いたのは職員が登庁した午前8時ごろ。時計は30~40年前に設置したものだが、こうしたトラブルは今までに起きたことがなかった。近くで落雷があったわけでもなく、停電でもないらしい。約250台の時計は本庁舎1階の親機と電線でつながっていて自動で時刻を合わせる仕組み。親機は通常通り動いていたという。時計が止まってから約12時間後の昼に業者を呼んで直させたが、

「なぜ止まったのかは分かっていません。現在業者が調査していて、早期に原因を突き止めたいと思います」

と管財課の担当者は話している。

   この奇妙な出来事に産経新聞は「ポルターガイスト現象ではないか」と一時騒ぎになったなどと報じた。ネットでは、天災が起こる前ぶれで何らかの磁場が発生したのではないか、とか、愉快犯によるテロなのではないか、竹島問題に何らかの関係があるのではないか、などと掲示板などで議論が交わされている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中