2019年 7月 18日 (木)

石原慎太郎が小説掲載拒否されたと告白 集英社編集長「あなたは差別論者です」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   衆議院議員で作家の石原慎太郎さん(81)が、集英社の文芸誌「すばる」から小説掲載を拒否されたと別の文芸誌で明かして、波紋を呼んでいる。ネット上では、その理由について様々な憶測が出ている。

   「あなたの小説は、一切載せません」。石原慎太郎さんによると、「すばる」の女性編集長は、こう言い切ったという。

「これは勇気ある女だなと思ったね」

心当たりは?(2012年11月撮影)
心当たりは?(2012年11月撮影)

   事の顛末を明かしたのは、2013年11月21日に扶桑社から発売された文芸誌「en-taxi」でだ。「東京五輪決定に思うこと」のテーマで石原さんがインタビューに応じており、文壇にまで話が広がったときに、掲載拒否のことが出た。

   石原さんは、「こないだ面白かった」こととして、久しぶりに「すばる」に小説を載せようと編集部に電話したときのエピソードを持ち出した。

   編集長はなかなか電話に出ず、3度目でやっとつながり、前出のように拒否されたという。石原さんが理由を聞くと、編集長はこう答えたというのだ。

「あなたは差別論者です。あなたの『三国人』という言葉は許せない」

   石原さんはすかさず、その言葉は国会でも問題になったが、法務大臣が「まったく問題ない」と言ったと編集長に反論した。すると、編集長は、「それは知ってます。それでもあなたの芯は差別論者だ。だから載せません」と言い返したそうだ。

   このことについて、石原さんは、インタビューでは不満を漏らさず、「これは勇気ある女だなと思ったね」とむしろ持ち上げている。

   ネット上では、一部サイトが取り上げたこともあって話題になり、編集長がなぜ掲載を拒んだのかについて論議になっている。

   石原さんが3年前の東京都知事時代、過激な性描写を含む漫画やアニメの規制に乗り出したことから、「出版業界は都条例の恨みは忘れてないぞ」といった指摘が出た。また、石原さんの小説はもう売れなくなってきており、出版社側もあまり相手にしたくなかったのではといった憶測まであった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中