2019年 3月 21日 (木)

マツダの自動ブレーキ試乗会事故、「車両に異常なし」 検査結果発表するも「事故原因」まだ分からない

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   マツダは埼玉県深谷市で2013年11月に発生した自動ブレーキの体験試乗会での衝突事故について、使用車両に故障や異常は確認されなかったと年末に発表した。

   事故は深谷市の自動車販売会社駐車場で行われたスポーツ多目的車(SUV)の「CX-5」の自動ブレーキの体験試乗会で発生した。

近赤外線レーザーを発射して前方車両を検知

いまなお事故原因は不明(画像はマツダ「CX-5」公式サイト)
いまなお事故原因は不明(画像はマツダ「CX-5」公式サイト)

   発車したCX-5は、約7メートル先のウレタン製マット直前で自動ブレーキによって停止するはずだった。それが止まらずに、さらに約6メートル先のフェンスに衝突して停止。運転していた客の男性が頸椎捻挫の軽傷、同乗のマツダ系販売店の男性が右腕を骨折する重傷を負った。この事故前に数組が試乗した際には停止していたという。

   マツダは事故後に埼玉県警の要請を受け、自動ブレーキの「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」や故障診断システムに関するデータを提出して捜査協力。車体検査なども行ったが、事故車両に故障や異常は見つからなかったという。

   このCX-5に搭載された自動ブレーキは、近赤外線レーザーを発射して前方車両を検知し、ドライバーの操作に応じてブレーキをサポートするというもの。他社も同様のシステムを採用しており、特殊な技術ではない。検知可能距離は約6メートルで、時速4~30キロで作動するが、アクセルが一定以上踏み込まれた状態や30キロ超では機能しないという。

   今回のマツダの発表では、直接の事故原因についての説明はない。事故時に時速30キロを超えていたとの情報があるほか、試乗コースの設定が適切でなかった可能性も指摘され、県警が捜査を進めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中