2019年 7月 21日 (日)

自分の同人誌が勝手にkindleで売られる 「5分で登録」簡単手続きを逆手に取られた

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   アマゾンによる電子書籍の自費出版サービス「Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)」の日本展開がスタートして以来、自身のコンテンツを簡単に発表できるようになった。

   だが、こうした手軽さの一方で、何者かが著者に無断で電子書籍を販売してしまう問題が発生しているようだ。同人誌でも被害が出ている。2014年1月15日には、グラフィッカーの鶴崎貴大さんがツイッターで被害を報告した。

出版社欄には同人誌専門アップロードサイト

同人誌の新たな発表の場としても注目を集めるが…(画像はKindle ダイレクト・パブリッシングのトップページ)
同人誌の新たな発表の場としても注目を集めるが…(画像はKindle ダイレクト・パブリッシングのトップページ)

   鶴崎さんは15日、「自分の同人誌が勝手にamazonのkindleで売られてるんだけどこれどうしたら良いの…」とツイートした。作品は、人気ブラウザゲーム「艦隊これくしょん ~艦これ~」を元にした二次創作のアダルト指定同人誌で、商品ページをみてみると、著者名には鶴崎さんの名前があった。発売日は1月13日となっている。

   出版社欄には同人誌専門のアップロードサイトの名前があり、Kindleストア内ではこの作品以外にもいくつかの電子書籍を販売しているようだ。アップロードサイトにアクセスし、問題になっている同人誌を検索してみると、同じ作品のデータが見つかった。実際に電子書籍を販売しているのが誰なのかは不明だが、著者ではない何者かがデータを用い、KDPを通じて Kindle本を制作したと考えられる。

   販売数に制限のない電子書籍は、一度公開してしまえば半永久的に販売することができる。被害を訴えた著者は「勝手にアップロードまではちょくちょく見たんですけど、kindleで勝手に販売とか想像の埒外だったのでまじめに驚きました」と困惑気味で、販売停止のための手続きをしつつ、今後の対策を考えるとしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中