2018年 7月 21日 (土)

小野田寛郎さん死去 終戦後ルバング島で約30年潜伏

印刷

   戦後約30年間にわたりフィリピンのルバング島に潜伏し、生還を果たした元陸軍少尉の小野田寛郎さんが2014年1月16日、心不全のため東京都内の病院で死去した。91歳だった。告別式は近親者のみで行う。

   小野田さんは1922年、和歌山県で生まれた。陸軍中野学校二俣分校で訓練を受け、1944年に情報員としてルバング島に派遣された。終戦を知らずジャングルで潜伏生活を続け、74年3月に帰還した。帰国後の翌年にはブラジルに移住して牧場を経営。84年からは日本各地で青少年育成のための「小野田自然塾」を開催し、ルバング島での経験を生かし、自然の大切さなどを伝えてきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中