佐久間正英さん死去 ジュディマリ、GLAYなどプロデュース

印刷

   音楽プロデューサーの佐久間正英さんが、2014年1月16日に亡くなった。61歳だった。息子でミュージシャンの佐久間音哉さんのツイートによると、15日の夜に容体が急変し、そのまま息を引き取ったという。葬儀は1月20日に近親者のみで執り行った。

   佐久間さんは1952年、東京生まれ。70年代から音楽活動を始め、80年代から本格的に音楽プロデュース活動を始めた。プロデュースした主なミュージシャンは、BOΦWY、JUDY AND MARY、GLAYなど。13年8月に末期のスキルス胃がんを患っているとブログで明かしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中