「アメリカンフォークの父」ピート・シーガーさん死去

印刷

   米国のシンガー・ソングライター、ピート・シーガーさんが2014年1月27日、老衰のためニューヨーク市内の病院で死去した。94歳だった。

   シーガーさんは1940年頃から音楽活動を始め、55年に制作した「花はどこへ行った」を、ピーター・ポール&マリーがカバーし反戦歌としてヒットした。賛美歌の「ウィ・シャル・オーバーカム」をカバーしたことで60年代の公民権運動を象徴する歌として広まった。

   アメリカ音楽の大物であるボブ・ディランさん、ブルース・スプリングスティーンさんらに多大な影響を与えたミュージシャンとしても知られ、「アメリカンフォークの父」と呼ばれた。

   2009年にはオバマ大統領の就任記念コンサートで歌を披露した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中