2018年 6月 24日 (日)

「格差社会を否定すんなボケ!」 ホリエモンツイートでまた議論沸騰

印刷

   元ライブドア社長の堀江貴文さん(41)のツイートが、年明けから度々物議を醸している。「新幹線で騒ぐ子供に睡眠薬を飲ませるべき」という投稿に始まり、「正月に帰省するのやめたら?」「iPhone以外はスマホじゃない」といった投稿をきっかけに、多くのネットユーザーが意見を戦わせた。

   そんな堀江さんのツイートが、また議論の火種になっている。内容は、「格差社会は悪いのか?」というものだ。

「富裕層が俺たちに迷惑かけてるか?サービスしてくれてないか?」

堀江貴文さん(13年3月撮影)
堀江貴文さん(13年3月撮影)

   発端となったのは、アルファツイッタラー(影響力の大きいツイッターユーザー)の@ryoko174さんが、2014年1月25日に投稿したツイートだ。

「『成長なんてもう要らない。これからは脱成長だ』とすでに成長を享受した世代の細川氏が、これから成長を享受すべき若い世代に言う様子を見ていると、マリーアントワネットの『パンがなければケーキを食べればいいじゃない』的な匂いを感じます。」

   これを受けてあるユーザーが、ryoko174さんと堀江さんにあてて「経済競争による成長って格差を拡げるだけですよ」とツイートしたところ、堀江さんは「格差の何が悪い?頑張って成果だしたら報われる社会を否定すんなボケ」と噛み付いた。

   ユーザーが「現状、世界の富の半分が数十人に握られている。またリーマンショック後、富裕層は逆により富み、格差は拡大した。堀江さんは、こういったことも、容認するんですか?」と応戦すると、「そいつらが俺たちに迷惑かけてるか?弾圧してるか?むしろサービスしてくれてないか?」と持論を展開した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中