マクドナルド、1月の売上高3.4%増 7か月ぶりプラス

印刷

   日本マクドナルドホールディングスの2014年1月の既存店売上高は、前年同月に比べて3.4%増と7か月ぶりにプラスに転じた。2月7日に発表した。1月7日から始めた、「古きよき時代のアメリカ」をテーマにしたハンバーガーの新商品「アメリカンヴィンテージ」シリーズの販売が好調だった。

   高単価のハンバーガーが貢献し、客単価が9.2%伸びた一方で、客数は5.3%減となり、9か月連続で前年を下回った。

   他の外食やコンビニエンスストアとの競合が厳しく、顧客流出に歯止めがかからない状況が続いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中