2020年 4月 8日 (水)

「所沢の方には迷惑かけた(笑)」 久米宏が「ダイオキシン騒動」振り返る

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

Nステの報道きっかけで所沢産野菜の価格暴落

   久米さんの言う「所沢の方に迷惑をかけた」とは、ダイオキシンが社会問題として騒がれていた1999年、埼玉・所沢市の葉物野菜から高いダイオキシン濃度が検出されたとNステで報じたことだ。

   実際にダイオキシンが検出されたのは煎茶で、飲んでも健康に害はない程度だったのだが、報道をきっかけに大手スーパーが所沢産のほうれん草などの野菜を扱わなくなり、価格が暴落した。

   放送の2週間後に久米さんが農家を訪れ謝罪したが、農家側は風評被害を受けたとして、テレビ朝日を相手取り損害賠償などを求める訴訟を起こした。テレ朝は2004年、農家側に謝罪し、和解金1000万円を支払った。

   久米さんは1996年にも、インドのルポにおいて、インド人が流暢な日本語で話すVTRを見て「外人の日本語は片言がいいよね」と言い放ち、米国出身で日本国籍を取得した人権活動家・有道出人さんらが抗議文を送るということがあった。

   久米さんは10年後の2006年になってこの抗議を知り、有道さん本人に「『島国根性』の視野の狭さ、と反省しています」「今頃何をとお思いでしょうが、心からお詫びします」と謝罪している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中