2018年 7月 21日 (土)

俳優の宇津井健さん死去 82歳

印刷

   俳優の宇津井健さんが2014年3月14日、慢性呼吸不全のため名古屋市内で死去した。82歳だった。通夜・葬儀は近親者だけで営み、後日お別れの会を開くという。

   東京都出身の宇津井さんは52年、早稲田大学在学中に俳優座養成所に入所。1953年には映画「思春の泉」でデビューした。60年代からはテレビドラマで活躍し、「赤いシリーズ」では山口百恵さんの父親役を好演した。06年からは「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)で和食店「おかくら」の主人を演じた。正義感のあるベテラン刑事や、誠実な父親役など幅広い役柄を演じる名優として、多くの人に親しまれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中