2023年 1月 27日 (金)

中田議員、NHKバラエティは「低俗」 ネットでは異論、反論相次ぐ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   NHKが放送しているバラエティ番組に、日本維新の会の中田宏衆院議員がクレームをつけた。

   2014年3月25日の衆院総務委員会で発言したもので、「ケータイ大喜利」など3番組について、「NHKでやる必要があるのか」と厳しく追及した。中田議員が名指しした番組は、それほど目に余る内容なのだろうか。

「公共放送としての自覚が疑われる」と批判

やり玉に挙げられたNHKバラエティ番組(画像は「ケータイ大喜利」サイトのスクリーンショット)
やり玉に挙げられたNHKバラエティ番組(画像は「ケータイ大喜利」サイトのスクリーンショット)

   中田議員は質問の冒頭で「NHKの番組が、一言でいうと低俗になっていないか」と指摘した。「『なんだこりゃ』と思うような娯楽番組がいくつも並んでいる」と問題視し、「着信御礼!ケータイ大喜利」「コントの劇場」「七人のコント侍」の3番組を例に出した。

   中田議員はスポンサー収入に頼る民放と異なり、視聴率を稼ぐ必要のないNHKに「何のためにこういう(低俗なバラエティ)番組をやっているのか」と疑問を投げかけ、「国民から受信料を徴収している公共放送としての自覚が疑われる。あまりにも民法のまねをしすぎではないか」と非難した。さらに、「私が低俗と勝手に決めつけられるものではないが、ドタバタ暴れて人の頭を叩いて笑いを取るようなものではなく、地域性や日本の歴史や文化をひもとき、若い人が関心を持てるような番組にしてほしい」などと、注文をつけた。

   こうした主張に、新藤義孝総務相は「中田議員が言っていることも国民の意見であり、そういうものを見たいという意見もある」とした上で、「NHKは公衆の要望を満たす、文化水準の向上に努めるという意味で、よい番組を提供していただきたい」と回答した。NHKの籾井勝人会長は「大変参考にさせていただき、今後のNHKの娯楽番組のあり方を、いろいろ研究させていただきたい」と答えた。

   中田議員がこき下ろした3番組はいったいどのようなものなのか。質問中には、「(これらの番組を)どう思うかと何人かに聞いてみると、『いや、NHKがわざわざやるような番組じゃないですよね』との答えをもらった」とも語り、個人的な意見ではないことを強調していた。

姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中