ベンツ、レクサス抜く 5年ぶり逆転 13年度

印刷

   2013年度の国内新車販売で、独ダイムラーの高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」がトヨタ自動車の「レクサス」を5年ぶりに逆転した。日本自動車輸入組合(JAIA)が2014年4月4日に発表した13年度の輸入車販売台数(速報値)によると、独メルセデス・ベンツの販売台数は39.5%増の5万9774台だった。初めて乗る消費者でも選びやすい「エントリーモデル」で顧客層を広げたことが奏功したとみられる。

   レクサスは13.1%増の4万9435台。国内で販売を始めた2005年以降で最高の水準だったが、ベンツに圧された。

   ベンツは13年1月には最も安いモデルが300万円を切る「Aクラス」を8年ぶりに全面刷新。300万円台が中心の「CLAクラス」「Bクラス」とあわせて購入者全体の4割近くに達した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中