2018年 7月 23日 (月)

小笠原沖で中国漁船が違法操業 船長を現行犯逮捕

印刷

   小笠原諸島の北之島沖の排他的経済水域で中国の漁船が無許可で操業したとして、横浜海上保安部は2014年4月13日、漁業主権法違反の疑いで、自称中国人船長の楊建煌容疑者(36)を現行犯逮捕した。

   報道によると、船には船長以外に自称中国人の男性が17人乗っていて、船内からは違法に取ったとみられるサンゴが見つかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中