山形市「待機児童」ゼロに 4月1日時点

印刷

   山形市の市川昭男市長は2014年4月15日の定例記者会見で、認可保育所などに入所できない「待機児童」が4月1日時点でゼロになったと正式発表した。

   1年前の4月1日時点では46人の待機児童がいた。そのため市立保育園の増築や民間保育所の開園支援などを進めてきた。報道によると、市川市長は「永遠にゼロとは言えない」として、入所希望者の増加を見極めながら、慎重に対応していくと話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中