2018年 7月 19日 (木)

山形市「待機児童」ゼロに 4月1日時点

印刷

   山形市の市川昭男市長は2014年4月15日の定例記者会見で、認可保育所などに入所できない「待機児童」が4月1日時点でゼロになったと正式発表した。

   1年前の4月1日時点では46人の待機児童がいた。そのため市立保育園の増築や民間保育所の開園支援などを進めてきた。報道によると、市川市長は「永遠にゼロとは言えない」として、入所希望者の増加を見極めながら、慎重に対応していくと話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中