2020年 8月 9日 (日)

エアアジアが15年にも日本再参入 バニラ・エアに対抗心剥き出し、「アイスクリームにはチョコも必要」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   マレーシアの格安航空会社(LCC)大手「エアアジア」グループのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)が2015年にも日本に再参入すると表明した。搭乗率の伸び悩みから昨年撤退したばかりだが、2020年の東京五輪開催などで需要が増加し、成算があると判断した。

   フェルナンデス氏が14年4月10日、東京で開かれた新経済連盟主催の新経済サミット出席後に明らかにした。

東京五輪開催や最近の日本の景気改善など「追い風」計算

エアアジア・ジャパンは就航わずか1年3か月で「転進」を迫られた
エアアジア・ジャパンは就航わずか1年3か月で「転進」を迫られた

   エアアジアは2012年8月にANAホールディングスと合弁で「エアアジア・ジャパン」を設立し、日本で「ピーチ・アビエーション」「ジェットスター・ジャパン」に次ぐ国内3番目のLCCとして国内線に就航した。しかし、ウェブサイトの予約システムの使い勝手の悪さなどから搭乗率は低迷し、2013年6月にANAとの合弁を解消して撤退。一方、ANAはエアアジア・ジャパンを完全子会社化し、13年12月から成田空港を拠点とする新たなLCC「バニラ・エア」として運航を開始した。

   そのバニラ・エアへの対抗心も露わにフェルナンデス氏は「アイスクリームはバニラだけでなく、チョコレートやラズベリーも必要だ」と日本再参入を表明した。2015年の再参入を目指す背景には、2020年の東京五輪開催や最近の日本の景気改善などでLCCのニーズが高まるという目論見がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中