札幌ボンベ爆発事件、51歳女を逮捕 容疑者は関与を否定

印刷

   札幌市北区でガスボンベによる爆発や爆発未遂が相次いだ事件で、北海道警は2014年4月30日、無職の名須川早苗容疑者(51)を激発物破裂容疑で逮捕した。同容疑者は関与を否認しているという。現場近くを走っていたタクシーのドライブレコーダーの記録や、防犯カメラの映像分析で容疑者が浮かび上がり、自宅の家宅捜索や連続5日間にわたる任意の事情聴取を続けていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中