2019年 10月 23日 (水)

売れる「カット野菜」 利便性に割安感、「食べきりサイズ」で人気、栄養価も変わらず?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   カット野菜の市場が拡大している。

   女性の社会進出や高齢化、核家族化を背景に、「食べきりサイズ」や「すぐに料理できる」手軽さが人気の理由だが、加えて2013年後半の生鮮野菜の高騰で割安感が高まった。

製造大手の売上高、前年度比20%増の206億円

「カット野菜」の栄養価はさほど問題がない?(写真はイメージ)
「カット野菜」の栄養価はさほど問題がない?(写真はイメージ)

   キユーピーと三菱商事が共同出資する、カット野菜製造大手のサラダクラブの売上高は2013年度に206億円。前年度に比べて20.5%増えた。

   同社のカット野菜は、「千切りキャベツ」や「カットレタス」などのサラダ用の商材が中心。品揃えとしては、炒めもの用や冬季限定の「蒸し野菜用」、また薬味用の青ネギや白髪ねぎも用意している。

   スーパーなどに行けば、キャベツは1玉(1キログラム)200円前後で売られている。「千切りキャベツ」は1袋(130グラム)98円(希望小売価格、税別)だから、単純計算すれば、カット野菜のほうが割高にみえる。しかし、最近はカット野菜が人気。使い切れずに腐らせたくないと考える単身者や主婦などが増えているそうだ。

   切らずに袋から出してすぐに食べられる、料理できるのも便利。サラダクラブは、「忙しい女性が増えていることや、試しに使ったお客様がその後も繰り返し使ってくれていることが(売り上げが伸びている)要因とみています」と話す。

   2013年後半に生鮮野菜が高騰したときには、本来であれば仕入れ野菜の価格も上昇するが、同社は野菜を契約農家から直接仕入れていたことが奏功。売値を上げたり、容量を減らしたりすることなく安定供給できたうえ、割安感につなげられた。

   とはいえ、一方で気になるのが「栄養価」。これまで「カット野菜は栄養価が落ちる」と、たびたび話題になってきた。

   サラダクラブは、「野菜にはビタミンCやカリウムなどの水溶性の栄養素も含まれていますから、工場でカット、水洗いをすることでそれらの成分が流出する可能性はあります。ただ、研究所で残存率を調べたところ、栄養素が著しく損なわれることはありませんでした」と説明する。

   また、食べるときには「袋から出してそのまま食べてほしい」ともいう。「商品は家庭で水洗いする必要がないようにしてあります。家庭で水洗いして、かえって栄養素が流れる可能性もありますし、水切りが不完全でサラダなどに使う場合にはおいしさを損なうかもしれません」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中