2018年 7月 18日 (水)

「4K放送」の試験放送始まる

印刷

   フルハイビジョンの4倍の解像度をもつ高画質の「4K放送」の試験放送が2014年6月2日から始まった。2020年の東京五輪までに4K放送が受信・視聴できるテレビの普及を目指している。政府も4K放送時代の始まりによって経済効果を見込んでいる。

   ただし4Kを普及させるためには視聴者がテレビを買い替えたくなるようなコンテンツが必要不可欠であるため各テレビ局の努力が必要になっているが、製作費が上がることを心配し、今のところ足取りは鈍い。また16年には4K放送に加え、より高画質の「8K放送」の試験放送も計画している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中