2019年 2月 21日 (木)

選手の要望で「ダボユニフォーム」、茶髪、ひげOKへ 西武の方針転換に野球ファンがガックリ

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   プロ野球・埼玉西武ライオンズの伊原春樹監督(65)が不振を理由に休養に入り、田辺徳雄監督代行(48)が打撃コーチから昇格することになった。

   伊原監督はすその長いユニフォームや茶髪、長髪、ひげを禁止していたのに対し、田辺監督代行は「選手のフラストレーションが溜まっているなら、常識の範囲内で」解禁する、という意向を示しているが、これが一部の野球ファンから疑問を持たれている。

「プレー中に土が入る」選手から規制緩和要望

   伊原監督が休養を発表したのは2014年6月4日、DeNAとの対戦後のことだ。

   この日は1-0で勝利したが、リーグ2位の結果を残した昨シーズンとは打って変わって、今シーズンは20勝33敗と2ケタの借金に苦しんでいた。

   伊原監督は「西武ライオンズは強くなくちゃいけないと、普通にやれば優勝しますと宣言したにもかかわらず、どうしても最下位から抜け出せなくて、監督が引いてまたいい風が吹いてくるんじゃないかと」と、就任1年目、53試合目での異例の決断の理由を説明した。

   6月6日の巨人戦からは田辺監督代行が指揮を執ることになったが、早くも「伊原スタイル」からの脱却を明言した。

   6月5日に埼玉・所沢市の球団事務所を訪れた際、報道陣に対し「選手に気持ち良くプレーしてもらいたい」との気持ちを明かした。

   伊原監督はユニフォームのズボンのすその長さについて、「スパイクが見える長さが限度」とのルールを打ち出していたが、「休養会見」のあった6月4日、栗山巧主将から田辺監督代行に「プレー中に土が入るなどの声が選手から出ているので、規制緩和してほしい」との要望があったという。

   田辺監督代行は「それだけフラストレーションが溜まっているのであれば、こちらも考えないといけない」と、前向きに検討していると話した。

   他に禁止されていた長髪、茶髪、ひげについても、「きつく縛りはかけない」と、常識の範囲内で認める方針を示している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中