2018年 7月 23日 (月)

元F1王者シューマッハー氏 意識戻り退院

印刷

   2013年末のスキー事故で重体となり入院していた元F1世界王者のミハエル・シューマッハーさん(45)が昏睡(こんすい)状態から脱したと、2014年6月16日に代理人が明らかにした。複数のメディアが報じた。

   報道によると、代理人は「彼はもう昏睡状態ではない」と声明を発表。入院していたフランス南東部のグルノーブル大学病院をすでに退院したとのことで、今後は公の場を離れてリハビリテーションに専念する。

   シューマッハーさんは昨年12月29日、フランス南東部メリベルのリゾート地でスキー中に転倒し、頭部を強打して意識不明の重体になった。4月には代理人が意識回復の兆候をみせていることを明らかにしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中