2019年 9月 15日 (日)

会見で子供のように号泣した兵庫県議 「何これギャグ?」とネットで驚きの声

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   政務活動費の不明朗支出が指摘された野々村竜太郎兵庫県議(47)(無所属)が、会見で号泣して潔白を訴えた様子がネット上で話題だ。そこまで感極まったのには、ワケがあるようだ。

「高齢者問題は、わが県のみ…ウゥアアア…わが県のみなら…ウアアア…わが県のみならず、西宮…日本人の問題じゃないですか!」

活動内容分からず、城崎温泉に1年間106回も出張

   兵庫県庁で2014年7月1日に会見した野々村竜太郎議員は、記者からの突っ込みを受けて、泣きながら声を上ずらせた。訴えるように右手を何度も振り、机もドンドンと叩く。

「世の中を変えたい…その一心で、やっと議員になったんです!」

   野々村議員は、こう熱弁を振るうと、記者をにらみつけて、「あなたに分からんでしょうね」と捨て台詞を吐いた。

   不明朗支出の問題が表面化したのは、神戸新聞が6月30日付夕刊でスクープしたからだ。県議会事務局の総務課によると、この日、政務活動費の13年度収支報告書が閲覧できるようになり、それを見た記者が記事を書いた。

   野々村議員は、2日に1回以上に当たる1年間195回もの日帰り出張をし、往復の切符代などとして約300万円を支出していた。その内訳は、兵庫県の城崎温泉駅が106回、佐用駅が62回、県外では、博多駅が16回、東京都内が11回だった。

   陳情などの名目だったが、活動内容についての記載はなかった。領収書も添付されていなかったが、総務課によると、券売機で切符を買ったときなどは例外で、外形的な違法性はないという。

   温泉などに行っていたのではないかとの憶測も出ているが、野々村議員は会見で、活動内容は明かさずに、「議会の手引きに従った適正な内容」だと潔白を主張した。議会に不適切とされれば返納も検討するとしたが、記者の追及が長々と続くと、感極まって号泣してしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中