2018年 7月 19日 (木)

世界的指揮者のロリン・マゼール氏 84歳で死去

印刷

   世界的に活躍した米国人指揮者のロリン・マゼール氏が肺炎による合併症のため、2014年7月13日に米バージニア州キャッスルトンの自宅で死去した。84歳だった。

   マゼール氏は1930年にパリで生まれた。5歳でバイオリン、7歳で指揮を学び、8歳のときに指揮者としてデビューした。15歳までにNBC交響楽団など米国の主要なオーケストラを指揮した後、ニューヨーク・フィルハーモニックの音楽監督やウィーン国立歌劇場の総監督などを務めた。08年2月にはニューヨーク・フィルを率いて北朝鮮の平壌で公演を行い、注目を集めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中