2ちゃん「血みどろ写真」、佐世保事件と関係なし 長崎県警が見解

印刷

   長崎県警は2014年7月30日、ネット掲示板「2ちゃんねる」に「殺しちゃったんだけど」というタイトルとともに赤く染まった手の写真が投稿された問題は、佐世保市の同級生殺害事件とは無関係だとの見方を示した。同日、共同通信や西日本新聞が報じた。

   室内の壁やカーペットの模様が、事件現場のマンションの一室のものと異なることが理由。 写真は7月26日22時過ぎに投稿され、被害者の松尾愛和(あいわ)さん(15)が殺害されたとみられる時刻と近かったことから、加害者の女子生徒(16)が投稿したとの見方が出ていた。その後、加害者が逮捕されて丸1日以上経過した7月28日7時過ぎに、26日夜の写真と同じ場所で撮ったとみられる別カットの写真が投稿されたため、いわゆる「釣り投稿」だった可能性が指摘されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中