2020年 8月 12日 (水)

すき家、中国産食材の有無に初めて答える 「玉ねぎは中国産を使用しています」

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

吉野家や松屋は、玉ねぎなどに中国産と説明

   とはいえ、中国産食材について、すき家がその使用について明確にしない姿勢は最近まで変わらなかった。

   週刊文春は2014年8月6日発売号で、中国産食材の特集を組んだが、すき家については、どの食材がそうかに回答がなかったとした。ゼンショーホールディングスは、運営する和食ファミレス「華屋与兵衛」も含めて、「食材はどのように管理されているかによって安全性が担保されると考えている。中国には食品安全に関する専門性の高い駐在員を派遣している」とだけ回答したとしている。

   ちなみに、吉野家や松屋は、玉ねぎなどに中国産を使っていると文春に回答していた。

   ネット上では、「不安なら食べなければいいのではないか」といった声もある。しかし、中国産を明確にしないことについて、逆に誤解を招くなどと異論も多かった。

   ウナギのほかに中国産があるかについて、ゼンショーの広報室では、J-CASTニュースの取材に対し、「すき家で使用する玉ねぎは中国産を使用しています」と明確に回答した。玉ねぎについて明らかにするのは、初めてのようだ。

   中国産玉ねぎから基準値を超える農薬「チアメトキサム」が検出されたと厚労省が8日に発表したが、この点については、「すき家で使用する玉ねぎは船積み前と国内で使用前に検査しており、国の定めた残留基準値を超える農薬が残留している食材は提供しておりません」と説明した。そのうえで、すべての輸入食材について、農場や飼育場での原料の調査とできた製品の検査を取引先と協力して行い、安全な食材を提供しているとしている。

   なお、ゼンショーでは、ホームページ上で7月23日、グループのチェーン店で上海福喜食品から仕入れた食品は使用していないと発表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中