2019年 11月 12日 (火)

毎日新聞、誤報をひっそりと「軌道修正」 処刑と報じた「リ・スヨン」氏、ARFで本格外交デビュー

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2014年8月10日に行われた東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議では、ASEAN加盟国に加えて日本や米国、中国から外相が参加し、北朝鮮のリ・スヨン外相も本格的に外交デビューを果たした。

   北朝鮮首脳部の名前や経歴、動静はベールに包まれているケースが多く、しばしば未確認情報が飛び交うが、毎日新聞は13年12月、この「リ・スヨン」氏について「処刑されていた」と報じていた。しかし今回のARFの記事では、それが誤報だったことを事実上認め、続報の形でひっそりと軌道修正した。

処刑が「指導部に近い複数の関係者の話で分かった」と報じていた

毎日新聞の2013年12月11日朝刊の1面に掲載された記事。外相就任時点では、毎日新聞は「今後も確認作業を続けます」としている
毎日新聞の2013年12月11日朝刊の1面に掲載された記事。外相就任時点では、毎日新聞は「今後も確認作業を続けます」としている

   毎日新聞は13年12月11日の朝刊1面で「正日氏金庫番も処刑」という見出しの記事を掲載した。記事は、張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長の粛清に関連して、張氏に近い人物が処刑されたことを断定的に伝える内容だ。処刑されたと伝えられたのが、「リ・スヨン」氏だ。

「張氏に近く、かつて金正日総書記の金庫番を担当していたリ・スヨン朝鮮労働党副部長が処刑されていたことが10日、指導部に近い複数の関係者の話で分かった」

   この記事では、リ氏について

「1988年に駐スイス大使に任命され、金第1書記のスイス留学中に生活の後見役を務めた人物」

とも報じていた。だが、国営朝鮮中央通信は14年4月になって、「リ・スヨン」氏が外相に就任したことを報じている。仮に外相と駐スイス大使を務めた人が同一人物だとすれば、処刑は誤報だったことになる。

   この段階では、毎日新聞はJ-CASTの取材に対し、

「朝鮮中央通信による4月9日の発表は『リスヨン』氏が外相に就任したというだけで、経歴には触れず、顔写真も公表していません。現段階では、外相に就任した『リスヨン』氏が、かつてスイス大使を務めたリスヨン氏と同一人物かどうかの確認はできていません。今後も確認作業を続けます」

と説明していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中