2020年 8月 13日 (木)

産経新聞ソウル支局長への出頭「命令」 さすがに韓国内でも異論が出始める

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   産経新聞のウェブサイトに掲載された記事が韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を傷つけたとして、ソウル中央地検が筆者の加藤達也ソウル支局長(48)に出頭を求めている問題で、さすがに韓国内でも異論が出始めた。

   その多くが、産経新聞の記事は朝鮮日報など韓国メディアの記事をもとにして書かれたにもかかわらず、産経新聞だけ問題視されているという点に対する疑問だ。ただ、韓国メディアの中では両紙の記事は異質で、産経が非難されるのは当然だとみる向きもある。

8月18日に検察に出頭し、事情聴取される見通し

   問題視されているのは、2014年8月3日に「追跡~ソウル発 朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?」と題して掲載された記事。セウォル号沈没事故が起こった4月16日に朴大統領が7時間ほど所在不明になり、その間、ある男性と密かに会っていたとするうわさを、朝鮮日報など韓国メディアを引用しながら報じる内容だ。市民団体が「記事は名誉棄損」などと告発し検察が捜査することになった。加藤支局長は8月18日にも出頭し、事情を聴かれる見通しだ。

   産経新聞は小林毅・東京編集局長名でコメントを発表し、出頭要請の合理性に疑問を呈した。

「問題とされた記事は韓国国会でのやりとりや朝鮮日報コラムの紹介が中心であり、この記事を理由に名誉毀損容疑で出頭を求められるというのは理解に苦しむ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中