2021年 4月 23日 (金)

「世界販売首位」の座をトヨタが明け渡す日は近い 中国などが好調な独VWが猛烈追い上げ

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   自動車の世界販売で首位を独走するトヨタ自動車に世界のライバルが迫っている。先頃出そろった2014年上半期(1~6月)の世界販売台数の統計によると、トヨタは過去最高の509万7000台を記録し、3年連続で首位に立った。

   しかし、新興国が好調な独フォルクスワーゲン(VW)が2位につけ、首位もうかがう。トヨタはリーマン・ショック以降、「いたずらに販売台数増を狙わない」(幹部)ことを是としてきただけに平静を装うが、VWに勢いがついているのは間違いない。

VWは米GMを抜き去り、首位トヨタに迫る

振り返れば、すぐそこにVW(画像はトヨタ自動車の企業ホームページ)
振り返れば、すぐそこにVW(画像はトヨタ自動車の企業ホームページ)

   振り向いてみれば、VWはすぐそこに迫っている。というかほぼトヨタと並走していると言っていい。VWは14年上半期、トラック子会社などを含めた総販売台数が前年同期比5.4%増の506万台となった。VWの統計にトラックを含めない考え方もあるが、トヨタだってトラック子会社の日野自動車を含めているのだから、含めた方が比較しやすいだろう。VWは米ゼネラル・モーターズ(GM)を抜き去り、首位トヨタにあと3万台というところまで迫っている。

   上半期はトヨタが何とか首位を守ったが、その内訳をみると4~6月期はVWが262万台でトヨタの251万台を上回っている。そればかりか、トヨタは3位のGM(250万台)とも差がほとんどない状態だ。中国などの新興国で販売台数を重ねるVWが、2014年の年間首位を奪取する可能性は十分にある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中