2018年 11月 14日 (水)

子供の甲状腺がん57人 福島で30万人調査

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   東京電力福島第1原発事故を受けて県民の健康調査を実施している福島県は2014年8月24日、当時18歳以下だった子供で甲状腺がんやその疑いがあると診断されたのは6月30日時点で104人になったと発表した。

   検査は約30万人が受けた。甲状腺がんまたはその疑いがあると判定された104人のうち、手術を受けて甲状腺がんとの診断が確定したのは57人だった。3月末の前回集計から7人増えた。

   104人の事故当時の平均年齢は14.8歳。男女別では男性が36人、女性が68人だった。

   原発周辺の地域別の発生率も初めて公表されたが、地域差は見られなかった。このことなどから、調査を担当する福島県立医大は24日の検討委員会で「原発事故の影響は考えにくい」という従来通りの見解を示した。一方で「詳細な分析が必要」とも指摘し、被ばく量との関係などさまざまな条件を考慮して、詳しく調べるとした。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中