2020年 2月 28日 (金)

秋田女性県議がバラ撒いた「中傷文」 赤文字で「人を呪わば」「人を殺さば」…

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   セクハラヤジ、号泣会見、女子中学生とLINEでトラブルなどトンデモ地方議員が次々に現れているが、今度は同僚の県議会議員に対し赤い文字で「呪い」、「殺す」と書いた中傷文をバラ撒いた女性議員が現れた。

   「呪いの中傷文」をバラ撒いたのは現在3期目のこだま祥子秋田県会議員(59)。4年前から秋田県潟上市の観光協会会長を務め、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」を歌い踊るPRビデオまで作っている。ノリのよさそうな女性がどうしてこんなことをしてしまったのか。

「選挙の『せ』の字も知らない若造が思い上がるな!」

民主党秋田県連の幹事長・沼谷県議に対する批判を掲載(画像はこだま議員のホームページ)
民主党秋田県連の幹事長・沼谷県議に対する批判を掲載(画像はこだま議員のホームページ)

   こだま議員のホームページトップには今でもこんな文章が大きな文字で表示されている。

「酒席(委員会の懇親会)で、民主党の幹事長・沼谷県議に、『来春の県議選で潟上に出しますから』と言われました。『選りすぐりの人物を出します』とも言われました。政治家なら、そのようなことを面と向かって口にする時は、人を呪わば穴二つ。人を殺さば穴二つの覚悟を持って、発言すべきです。酔って言うなど最低のことです」

   彼女の選挙区に別の人物を出すといわれ、激怒したようだ。

   2014年8月上旬にこれとよく似た中傷文がこだま議員の関係団体に郵送されたり、議員の所属会派の広報誌に同封されたりしたため、秋田県議会で問題となった。文章全体は黒いインクで印刷されているのだが「人を呪わば」「人を殺さば」のくだりは赤いインクを使っている。また、「人を殺そうとする時は、自分の墓穴を掘ってかかれ」「選挙の『せ』の字も知らない若造が思い上がりもいいところ」といった過激な内容が、3枚の紙にびっしりと埋まっている。こだま議員は「新みらい」という会派に所属して、今まで民主党に協力してきたが、その恩を仇で返すようなことは絶対に許すことが出来ない、と主張している。

   やり玉にあげられた民主党秋田県連の沼谷純幹事長(41)は、14年9月4日にテレビニュースのインタビューに登場し、

「脅迫的な、ですね、内容、言葉が入っていたので非常に恐怖感と不安を感じたのは事実です」

と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中