2018年 12月 12日 (水)

東京行くのが怖い!都内どこにいてもおかしくない! 新宿中央公園でも感染者確認に不安の声が高まる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   猛威を振るうデング熱の感染拡大が止まらない。厚生労働省は2014年9月5日、新宿中央公園(東京・新宿区)で感染したとみられる患者が確認されたと発表した。

   代々木公園周辺以外での感染が発覚したのは初めてだ。「出かけたくない…」と不安の声は高まる一方だ。

感染者は5日時点ですでに68人

新たに感染者が確認された新宿中央公園
新たに感染者が確認された新宿中央公園

   厚労省によると、患者は埼玉県に住む30代の男性。8月30日に発症し、県内の医療機関で感染が確認された。容態は安定しているという。

   渡航歴はなく、代々木公園へ行ったこともなかったが、8月中旬から下旬にかけて複数回、新宿中央公園を訪れていた。「その時に蚊に刺されたと思う」と話していることから、同公園での感染した可能性が高いと判断された。新宿区は調査を行い、立ち入り制限をして蚊の駆除を実施する。

   ツイッターではキーワード「新宿中央公園」がすぐにトレンド入り。「新宿中央公園とか代々木公園とか…どっちもそこそこ近いし行ったことあるし…」「家から物凄い近所なので結構怖い。しかも蚊に刺された気がするんですよねー」となど、不安げに書き込む人が相次いだ。

   厚労省のまとめでは、感染者は5日時点ですでに68人に上っている。重症者こそ出ていないものの、代々木公園をはじめ、周辺の明治神宮や国立オリンピック記念青少年総合センターなどが一部区域に立ち入り制限を行っている。

   都内の物々しい雰囲気に、「なんか東京行くの不安になってきたな」「もうデング蚊は都内どこにいてもおかしくない」という声は高まるばかりだ。

   新宿中央公園は5日に予定していたグルメイベントの即日中止を発表。代々木公園でも今週末の一部イベントの中止が発表されているが、予定通り開催するものもある。「危なすぎないかこれは…」「明日行われる日本一危ないイベント」と危惧する声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中