2019年 9月 21日 (土)

長嶋一茂宅落書き「報道で初めて知った」 江角マキコの弁明に「納得できない」の声

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   女優の江角マキコさん(47)が世間を騒がせている。当時のマネージャーに命じ、元プロ野球選手の長嶋一茂さん(48)宅に落書きをさせたと報じられたことで、非難が相次いでいるのだ。

   これまで口を閉ざしていた江角さんだったが、ようやく弁明のブログを更新した。しかし全てをマネージャーになすりつけるような言い分に、「納得できない」という声が多数上がっている。

「元マネージャーはうつ病っぽくコントロールがきかない」

   江角さんと長嶋さんの問題を報じたのは、「週刊文春」2014年9月4日号だ。

   記事によると、江角さんと長嶋さんの妻は子供を同じ幼稚園、学校に通わせていて、元々仲が良かったが、何らかのトラブルがあって疎遠になった。長嶋さんの妻周辺には「結束力の固い保護者」グループがあり、江角さんが孤立する形になったという。

   そして12年12月30日、長嶋さんの家の壁やガレージに「バカ」「アホ」「バカ息子」などと書かれているのが見つかった。江角さんが14年3月に個人事務所に移籍するまで所属していた研音で、江角さんのマネージャーを務めていた男性の仕業というのだ。

   男性は江角さんから指示を受け、ペンキやスプレーで落書きをし、後日江角さんから10万円程度の金銭を受け取った、と書かれている。

   週刊文春は江角さんに突撃取材を試みているが、何も語られず。しかし江角さんの母親から、「男性はうつ病っぽくて、コントロールがきかないところがある」「江角さんは指示していないと言っている」とのコメントを得たそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中