2019年 12月 14日 (土)

ネスレ日本が業界団体脱退する理由 インスタントの需要縮小が背景にはある

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

低価格のレギュラーコーヒーが増える

   背景にあるのが、インスタントの需要縮小だ。01年のインスタントの国内生産量は9・6万トンだったが、13年には9・2万トンに減った。一方、レギュラー(缶コーヒーなども含む)は、31・7万トンから35・3万トンに増えている。マクドナルドや大手コンビニエンスストアがこぞって低価格のレギュラーコーヒーを展開し、手軽にレギュラーを楽しめる時代になった。「レギュラーソリュブル」で、他社のインスタントや、コンビニコーヒーなどの顧客を奪えるか、注目される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中