スタバ史上最高額の「2000円コーヒー」どんな味? 「ジャスミンを思わせる香り」銀座で飲んでみた

印刷

   人気コーヒーチェーン「スターバックスコーヒー」の一部店舗に1杯約2000円の高級コーヒーがお目見えした。

   希少性の高いパナマ産ゲイシャ種のコーヒー豆を専用機械で抽出するもので、1杯あたりの価格としてはスターバックス史上最高という。発売初日の2014年9月17日昼過ぎ、J-CASTニュースの記者もさっそく試してきた。

価格は通常ドリップコーヒーの6.6倍

1杯2000円「パナマ アウロマール ゲイシャ」、そのお味は?
1杯2000円「パナマ アウロマール ゲイシャ」、そのお味は?

   今回の新商品「パナマ アウロマール ゲイシャ」は、世界の希少で個性的なコーヒーを期間、店舗、数量限定で提供する「スターバックス リザーブ」の新ラインアップとして登場した。日本と北米のみでの提供で、日本では全国48店舗のみの取り扱いとなる。

   使用されている「ゲイシャ種」はエチオピアを起源とする野生品種。栽培が難しく収穫量も少ないことから貴重な品種とされ、パナマ産ゲイシャ種は「スペシャルティコーヒー」と呼ばれるカテゴリーの中でもとりわけ人気を博している。

   その希少性から「パナマ アウロマール ゲイシャ」の価格は、豆売りが250グラム1万800円と高額だ。2012年に販売されていたコスタリカ産のゲイシャ種が226グラム6000円だったことを考えると、同じゲイシャ種でも差は大きい。

   1杯の価格は抽出方法で異なり、コーヒープレスの場合は1782円、「クローバー」という専用コーヒーメーカーの場合は1998円(ショートサイズのみ)にもなる。クローバーの価格は通常のドリップコーヒー(ショートサイズ)の約6.6倍。コーヒー一杯としては気軽に楽しめる価格ではない。

   インターネット上でも話題になる中、記者は取り扱い店舗の1つ「銀座マロニエ通り店」に足を運んだ。東京・銀座エリアで最も大きい店舗で、昼過ぎの店内はスーツ姿の男性や買い物袋を手にした女性などで賑わっていた。入口からすぐのところにはゲイシャをPRする看板があり、レジに並ぶ客らは興味深そうに眺めていた。

   記者より前に並んでいる客で頼んでいる人はいないようだったが、意気込んでクローバーのゲイシャを注文。専用コーナーに移動すると、挽いたばかりの豆の香りを確認させてもらうことができ、甘く華やかな香りが漂った。

   女性店員はクローバーを操りながら「ゲイシャはジャスミンを思わせる香りで、ネクタリン(桃の仲間)やパッションフルーツのような風味が特徴です。他ではゲイシャ種の香りを際立たせるために浅煎りにしていることが多いですが、スターバックスではバランスを考えながらしっかりローストしています」と説明してくれた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中